バクマン。読み切りで復活!

実写映画の公開が来月10月3日に控えている「バクマン。」
大場つぐみ原作による小畑健「バクマン。」の新作読み切りが、9月19日発売の週刊少年ジャンプ43号(集英社)より2号連続で掲載される。

今回映画公開に合わせた特別企画
「サイコーとシュージンが出会う『前』とは?」で読み切り告知がされており、コンビ結成前の様子が描かれる予定だ。

「バクマン。」

舞台は埼玉県谷草市。中学3年生の真城最高(サイコー)は高い画力がありながらも将来に夢を持たず、ただ流されて普通に生きていくだけの退屈な日々を送っていた。サイコーの叔父はかつて週刊少年ジャンプに連載し、その作品がアニメ化もされた漫画家・川口たろうで、連載打ち切り後の過労によって亡くなった過去があった。
ある日サイコーは些細な出来事を切っ掛けに、秀才のクラスメイトで作家志望の高木秋人(シュージン)に「俺と組んで漫画家にならないか」と誘われる。初めはその誘いを断っていたが、声優を目指している片思いのクラスメイト・亜豆美保と「アニメ化したら結婚する、それまで互いに直接会わない」と約束した事から漫画家への道を志す事になる。
サイコーは祖父から叔父が使用していた仕事場を譲り受け、シュージンと共にそこに籠って処女作の執筆に専念する。そんな中で手塚賞に準入選した新妻エイジが同年代である事を知りライバル視する。やがて二人三脚で苦労しながらも完成した初作品をジャンプ編集部に持ち込んだ二人は敏腕編集者・服部哲と出会い、漫画家としての資質を認められる。
そしてジャンプの主流ではない“邪道”の作風という方向性を見出し、「亜城木夢叶」のペンネームで活動する事になった二人の漫画が『赤マルジャンプ』へ掲載された。その後も自分達の方向性に迷いながらも、エイジとの邂逅・コンビ解散の危機を経て、ジャンプでの連載を勝ち取った二人は、様々な苦境に見舞われながらもジャンプの連載作家としての道のりを歩んでいく。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

るろ剣、宝塚でミュージカル化!雪組が2016年に披露!
【速報】SAO映画 ソードアート・オンライン完全新作劇場映画化
劇場版「響け!ユーフォニアム」 前売券、バレンタイン企画!前売り券
かよちん こと 小泉花陽 誕生日!ラブライブ!birthday
noimage
大注目! ドラゴンボール 神 BEST CD 収録曲が明らかに
TVアニメ化「うどんの国の金色毛鞠」篠丸のどか、日本テレビにて
乙女必見!アニメイトガールズフェスティバルAGF、池袋で開催!
速報「NEW GAME!」TVアニメ化、ゲーム制作会社を舞台に女の子が奮闘
【速報】弱虫ペダル3期決定!弱ペダ続編
バンドリ!BanG_Dream! 2nd Live、一緒に音楽(キズナ)を奏でよう!、チケット完売!
アクセル・ワールド新作アニメが劇場公開決定!前売情報解禁!
ラブライブ!ねんどろいどシリーズ全員出揃う!最後は希
「薄桜鬼」から大人可愛いパンプスが登場!
TVアニメ化「不機嫌なモノノケ庵」モノノケ奇譚マンガ
Sponsored link

Menu

HOME

TOP